2018/12/14

志村リョウ個展 「デフォルメ造形のカタチ」南青山

志村リョウさんの個展はインテリアのお店で開かれています。
南青山のスタイリッシュな家具屋さんのビルの1階にある小さな部屋が展示会場です。

20181214a
素敵な飾り棚 ガラス棚に並ぶのはカタチの原型でしょうか。
20181214c
あの、クレヨンが生まれるまでの原型の変遷?
20181214b
これは傘の 持ち手を連想させます。
20181214d
そして傘になったところですね。 私は紫で作ってもらいました。色でずいぶん感じが違います。
20181214e
こちらの面にも並んでいます。こんな棚欲しいなぁ〰。
20181214f
ポップなカバのオブジェ。これも欲しいなぁ〰。

2018/12/04

タイアンドコーのカバ

日本橋高島屋でカバ。こぶたさんからの情報でさっそく行ってきました。1F婦人洋品売り場の期間限定の店、Ty & Co (タイアンドコー)にカバがいます。

20181204b
オーストラリアのアーティストJenny Tyeresのイラストを使って、日本のTUKURU COMPANYが企画デザインしたレザー小物。写真はポーチバッグ。

20181204a
他に長財布やスマホケースあり。独特の色使い、 不思議な世界が革製品に展開されています。カバらしくないカバの絵も不思議な魅力があります。12月11日(火)までの出店。

2018/12/02

『吉川 かおり クレイアニマル展 「フンイキ」』日本橋高島屋

こぶたさんから情報をもらって日本橋高島屋 本館6F美術工芸サロンへ。

20181202a

カバは2点。正面ガラスに1点 いました!

20181202b
題名は「3・2・1」 水着を着て、飛び込む寸前のカバです。水はないのに、題名と飛び込む前のカバの姿で、そこに水があるような作品でした。

20181202c

もうひとつは『Shower』 カバとカメが気持ちよさそうに空からのシャワーを浴びている様子。シャワーは突然の雨かしら、太陽の光かしら、緑の空気かしら?そこには確実に何かが降り注いでいます!

20181202d
実に実に気持ちよさそうです。作家の吉川かおりさんは「亀の顔も見てください」とおっしゃったので、小さな小さな亀の顔も、気持ちよさそうなことも確認しました。
でも、やっぱりカバの顔がよくて、カバの顔だけアップで撮ってしまった。

吉川かおり クレイアニマル展
『フンイキ』
会期:11月28日(水)~12月4日(火)※最終日は午後4時まで
会場:日本橋高島屋 本館6階 美術工芸サロン

2018/11/27

ENO ペーパークラフト 立体紙模型

アリババの独身の日に買った紙工作です。

Hp06474a
やってみました。今作っているのはどこの部分かしら?
Hp06474b
だんだんそれらしくなってきた。けれど、谷折りと山折りの線がわかれてないのでどちらに折ったらよいかわからず、あ~あ、ぐちゃぐちゃになっちゃった・・・。
Hp06474c
顔らしくなりました。
Hp06474d
完成です。大きい。十分被れる!

Hp06474e
壁に掛けると現代アート風
Hp06474
部屋の雰囲気を一変させる存在感。
いやぁ、苦労したけれどなかなか良いカバの顔です。

2018/11/16

パリのサザビーズで名作カバが競売に!

フランスかば協会(ADH)から情報が入りました。
パリのサザビーズでフランスの彫刻家 F.X.Lalanneのカバ作品の一つHippopotamus Ⅲが競売にかけられる。
サザビーズのサイト
F.X.Lalanneのカバを実際に見たことがありました。ありましたと言うのは、サザビーズのカバの写真を見て、もしかしてあの時の?とアルバムを探し、初めて知ったのです。サザビーズのオークションに出るようなアート作品とは知らないまま20年が過ぎていたことになります。下の写真が私が見た、そして触った作品です。

20181116
フランス1973年 フランソワ・ グザビエ ラランス作 (写真提供:さつきさん)

1997年銀座ミキモトの前に飾られていました。当時、「ミキモトの前にカバがいる!」と、さつきさんからこの写真が届き、カバ仲間と見に行ったのです。宝飾店の前に立つのにふさわしい美しい形のカバでした。

落札想定価格は20万~30万ユーロ
、日本円で2500万~3500万円!!
どんな人が落札するのでしょう?
*****************************************************
2018年11月27日
売れたかな?とサイトを覗いてみたら、
36万9千ユーロで売れたそうです。

2018/11/14

野焼きカバの作品

味のあるカバを野焼きで作っている okara.bo さんの作品がネットで買えるようになりました。

Img_0277

ギャラリーに行かないとなかなか手に入れることができなかったけれど、これからはネットでも作品を見ることができますね。ウフッ!!カバが一番です!(と思いますが)、野焼き猫やら、焼ブタもあります。でも、やっぱりカバがいいでしょう!?

https://www.creema.jp/c/kababa-koubo

2018/11/07

国立新美術館『日展』で カバの日本画2点11/25まで

芸術の秋『日展』開催中。
『改組 新 第5回 日本美術展覧会』
会期:2018年11月2日(金)~25日(日)火曜日休館
会場:国立新美術館
行ってきました。日本画と工芸は1階にあります。
20181107a
日本画の第2室にカバ作品
20181107b
ググッツと近づくと、カバの静かな息遣いが聞こえてきそうな作品です。
20181107c
鈴木一正さんの作品『緩かし』

20181107d
もう一つ個性的なカバ作品がありました。『連なる』伏屋友賀さんの作品
20181107e
工芸にもカバ作品があったとIYさんから聞いたけれど、みつからなかった…。とにかく広くて迷子になりそう。2階が洋画、3階が書。多くの人が絵を描いて書を書いて工芸作品を生み出しているんですね。
穏やかなお天気、ピエール・ボナール展と東山魁夷展も人気のようで、賑やかな国立新美術館でした。
20181107f

«石川あすか ガラス作品展 MOMENT

フォト

ヒポミ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

かば祭り2016

  • Tw58
    2016年10月

かば祭り 2012

  • 513
    2012年11月

かば祭りin 上野動物園2011

  • 052
    2011年2月~5月

かば祭り2008

  • 08102620
    2008年10月
無料ブログはココログ