個展・イベント

2018/10/08

石川あすか ガラス作品展 MOMENT

「カバもいろいろ展示いたします」

ガラス作家石川あすかさんから個展のDMが届きました。
DMはコアラだったので、カバは作らないのかなぁと思って裏をみたら、「カバもいろいろ」のコメントがあって大喜び。カバに会いに行きますよ~
20181004
『石川あすか ガラス作品展 MOMENT』
会期:2018年10月24日(水)~31日(水)会期中無休
10:00~18:00(最終日17:00終了)
作家在廊予定日:24・26・28・31日
会場:Glass Gallery 「KARANIS」 港区南青山5-3-10 FROM 1st 2F

2018/10/05

Hikiさんのカバの陶磁器『第12回多摩くらふとフェア』

カバ中心に、ほんわか、のほほんとした陶磁器を作っているHikiさんが多摩くらふとフェアに出展します。7日(日)8日(祝)の連休に多摩センター駅近くの多摩中央公園です。
第12回 多摩くらふとフェア
開催期間  2018年10月7日(日)〜2018年10月8日(祝)
開催時間  7日:10:00-17:00 8日:10:00-15:00
開催場所  多摩中央公園 (東京都多摩市落合2-35)
京王相模原線 小田急多摩線 多摩都市モノレール
「多摩センター駅」徒歩5分 中央口からまっすぐ


さまざまなクラフトが集まります。117の出展。
Hikiさんは101番 Hikipottery
20181005ahiki_2


20181005bhiki_2

2018/09/23

市川友章個展『動物の木彫』

画家の市川友章さんが気分転換に作った木彫は娘さんのおもちゃになっていたそうです。

20180923a
20180923b
『市川友章 個展 動物の木彫』
会期:2018年9月22日(土)~10月7日(日)
会場:ビリケンギャラリー 港区南青山5-17-6-101
(青山骨董通り ハンティングワールドの角を曲がって少し歩いたビルの1F)
20180923c入ってすぐは懐かしいおもちゃが売られているお店
20180923d
奥にギャラリーがあります。
20180923e
ギャラリー奥の左手の棚に居るカバの王。カバは王冠が似合うなぁ~!
20180923f
右手のガラス棚にあるスケッチは彫り始める前のスケッチとのこと。木彫とスケッチを合わせて販売していました。
 

2018/09/13

『新谷一郎 石彫展 』

石のカバの新谷一郎さんの個展が高島屋大阪店で開かれます。
DMには「考えるカバ」

20180913

『新谷一郎 石彫展』
会期:2018年9月19日(水)~10月2日(火)
会場:高島屋大阪店 6階ギャラリーNEXT
営業時間 午前10時~午後8時 週末(金・土)は午後8時30分まで
最終日午後4時閉場
石だけでなく、ブロンズ、奥様とのコラボ陶器作品などさまざまな素材の動物たちが展示されるそうです。おおらかな新谷さんの作品に囲まれた安らぎの時間をお過ごしください。

2018/09/11

第12回 浅草テシゴト市

カバのがま口 、カバグチの名作を作ったNATSUKOさんも出店する「浅草テシゴト市」

チラシにカバがいる!と獅子コレクターさんからチラシを送ってもらいました。

20180911a
右上方でリアカーを引いているのがカバですネ(^^)
会期:2018年9月29日(土)10:00~20:00 / 30日(日)10:00~18:00
会場:LION BUILDING STUDIO 東京都台東区雷門2-11-10
(銀座線 浅草2番出口より徒歩3分/ 都営地下鉄浅草線 浅草2A4出口より徒歩2分
お問い合わせ:まぐ屋 090-6045-7240

20180911b

2018/07/31

『新聞紙の動物アート 一ツ山チエ展』

Kさん、MBさんから情報をもらって今日調布へ行ってきました。スゴイ迫力でした。8月26日まで開催。調布駅から徒歩4分の調布文化会館たづくりの1階奥、展示室です。夏休みにぜひお出かけください。
20180731

20180731a
調布市の立派な公共施設であります。   
20180731bこの奥に展示室があるようです。
20180731c ここです。ここです。入場無料。
20180731d作品はカバ4匹、ナマケモノ9匹、ネコ7匹、犬1匹そして公開制作中の作品1匹。これは何の動物か今日の段階ではまだわかりません。
20180731f新聞紙を細く切ってねじって、よって、こよりにして作るアート作品。
20180731g 子供達も興味深々です。
のんびり気持ちよさそうに寝るカバは、いったいどれほどの新聞紙でできているのだろう。素材が新聞紙ということが驚きの元でした。つい触りたくなるけれど作品に触るのは禁止です。奥の制作コーナーに座面が新聞紙の椅子があるので、そこに座って、触って、感触を確かめてくることをオススメします。

2018/05/16

『造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのモノガタリ』

志村リョウさんから個展開催のお知らせが届きました。「カバくんたちの新作をメインに発表いたします。また、昨年の空飛ぶカバさんを始め、作家を始めた2010年頃の初期カバ作品なども久しぶりに展示します」とカバいっぱいの展示のようで、楽しみ。金属製のカバの箸置き(ペーパーウエイトにもなる)を作るワークショップも開催されるそうです。

201806140

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

『造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのモノガタリ』

会場: gallery kissa

会期:2018年5月19日(土)~6月17日(日)

休み月・火 / 水~土 12:00~19:30 / 日12:00~17:00

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 ワークショップ「金属製ハシオキを造ろう」

5月26日(土)①10:00~ ②14:00~

5月27日(日)①10:00~ ②14:00~

予約、お問い合わせはgallery kissa

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ギャラリーキッサのブログで最新情報などがわかります。

ギャラリーキッサ BLOG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行ってきました(2018年6月13日)

20180614a
都営浅草線 蔵前駅
20180614b

ビルの4階がギャラリーキッサ。階段で上がります。

20180614c   

志村リョウさん、きっかけのモノガタリ10年間の集大成。

20180614d

初期のカバから最近のカバまで。様々なカバが生まれました。

20180614e

悩みながら大きくなっていくカバ達。

20180614f_2

「ボクらの時間」

20180614g

時間は過ぎる

20180614h

どう生きるか

20180614i

体重計に乗る

20180614m

一日一枚のイラストでカバはたいてい食べている。

20180614k

カバ達はどこへ飛ぶ?

20180614l

カバ達はどこへ沈む?

20180614n

ガチャの中にはバッジが2個入っているそうです。もしメダルが入っていたら賞品をゲットできるらしい。

20180614p

これが賞品。2等のカバの定規狙い。 さ、メダルは…

20180614o

残念・・・メダル無し。バッジの図柄はカバとキウイだったので、オーナーにお願いしてキウイの方をカバに交換してもらいました。ありがとう!で、カバのバッジ2個ゲット。

20180614q

最後に屋上へ。案内してくれた男の子がカバの背から背へポンポンと飛び渡ってカバを紹介してくれました。

20180614r

蔵前の街中の屋上は気持ちよかった。個展は17日まで。

2018/04/18

鈴木一正さんのカバ作品 『新日春展』

きょうから開かれている「新日春展」(東京都美術館)で日本画の鈴木一正さんのカバの絵『泰然』が出品されています。 同展の奨励賞を受賞。
20180418
 
『第2回 新日春展』
会期:2018年4月18日(水)~24日(火)
        9:30-17:30(入場17:00まで 24日は15:00閉場)
会場:東京都美術館 1階
入場料:500円
主催:新日春会
 
京都、大阪でも開催されます。
京都展
会期:2018年5月1日(火)〜6日(日)
9:00〜17:00(初日のみ13:00から、最終日は16:00に閉会)
会場:京都市美術館別館
(京都市左京区岡崎最勝寺町13)

■堺展
会期:2018年6月5日(火)〜10日(日)
9:30〜19:00(最終入館は閉館の30分前、最終日は17:00まで)
会場:堺市立文化館ギャラリー2,3階
(大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2〜4F)

 
**********************************************
行ってきました(4/19)
快晴、上野の公園は緑が美しく、ぼたん苑ではぼたんがきれいに咲いていました。
20180419a
新日春展は1階です。
20180419b_2入場料500円 写真を撮る場合は受付で申し出て記名し、許可の黄色い紙をもらいます。さて、鈴木一正さんの絵はどこかな?
20180419c入口を入ってすぐ右手にありました。奨励賞を受賞。『泰然』
 
20180419d 新日春展は大きく3つの部屋がありました。3つ目の部屋の入口付近にもカバ作品がありました。『前向きに検討します』伏屋友賀さんの作品
20180419e
 

2018/04/08

『HIPPOの仲間たち展ー11周年記念展示ー』

毎年桜の咲くころに開かれる展示だが、今年はもう桜はもう終わり、桜の次に咲く花々が先を競って咲き始めている。神宮前のGALLERY HIPPOで『HIPPOの仲間たち展』今週末から始まります。
Hp06327
Hp06327b
『HIPPOの仲間たち展―11周年記念展示ー』
会期:2018年4月14日(土)~29日(日) /休み水曜日(18日・25日)
会場:GALLERY  HIPPO
***************************************************************
4月16日(月)行ってきました。
今年でギャラリーヒッポは11周年。光陰矢の如しであります。
20180417a
 
さて今年はどんなカバたちと会えるでしょうか!
20180417b
いますね。いますね!おじゃましま~す。
20180417c今年は出品者も多いような、バラエティに富んだカバが並んでいます。
20180417d 見上げればここにも!
20180417e
口がファスナーのポーチ。Tシャツやポーチは中央の台に。
20180417f
新谷聡子さんのカバカップ。お猪口と徳利セットもあり。のん兵衛にはたまらん!顔が一つずつ違っている。気に入った顔があるかな?
20180417g
村田肇一さんの陶器は5匹が輪になっているものも。
20180417h
アクセサリー作家の玉淵文雄さんは何とパールにカバを彫っちゃった!!
 
20180417i
見谷カラスさんの絵は横118㎝の大作です。カラスも乗っているカバの絵。淡い色彩の素敵な絵でした。
20180417j
 
木製のバッグは珍しい作品。ステンドグラスの花の中心にカバがいます。
20180417k
手拭いにド~ンとカバ。
 
20180417l
青木まめさんの作品は羊毛フェルトの額絵。フェルトの質感がわかるでしょうか?
20180417m
指人形のカバはちょっと変わったリブ編みの作品。
20180417n
カラフルな絵やカババッチも。
20180417o
梅原育子さんの作品も個性的。
20180417p
ガラス作品も凝っています。カバのチョーカーに花瓶、奥の金色の胴を持つカバは万華鏡です。カバの頭に広がる不思議な世界が味わえます。

20180417q
紹介しきれなかったカバがまだまだたくさん!作家の皆様が工夫を凝らして作ったカバ達はどれも楽しく、ギャラリーヒッポで遊んでいました。ギャラリーヒッポがこれからもずっとずっと続くことを祈っています。

2018/02/20

『りんごや10(テン)』でヒポミグッズ

根津の喫茶ギャラリー「りんごや」さんがお店を開いてから10年。記念の「りんごや10(テン)」を開催します。
_20180220
10年前、谷根千で開いたかば祭りのことを思い出します。今までりんごやさんで展示をした約60名の作家さん達がお祝いの出品をします。ヒポミも懐かしのカバ柄の布を使った手作りの品を出品販売します。
20180220a
携帯ティッシュケースや
20180220b
腕カバー
20180220c
 
カバとリンゴ柄の布で小さな手提げ袋等。今、新しいミシンを使って製作中です。
 
お時間できたら根津の「りんごや」さんに遊びに来てください。来週の火曜日から1か月間、3月18日までやってます。
「りんごや10(テン)」
会期:2018年2月27(火)~3月18日(日)12:00-19:00(最終日17:00)
定休日3月5日(月)・12日(月)
会場:喫茶・ギャラリー「りんごや」
文京区根津2-22-7 TEL03-5685-2456

より以前の記事一覧

フォト

ヒポミ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かば祭り2016

  • Tw58
    2016年10月

かば祭り 2012

  • 513
    2012年11月

かば祭りin 上野動物園2011

  • 052
    2011年2月~5月

かば祭り2008

  • 08102620
    2008年10月
無料ブログはココログ