« 「上野動物園いまむかし カバ舎の80年」正田陽一(東京動物園ボランティアーズ会長) | トップページ | 池之端のギャラリーの地下室にカバが寝る »

2014/01/28

カバのテーブル

A家のK一郎くんからカバのコーヒーテーブルがある!と情報をもらった。

水面に見立てたガラスのテーブルから耳と目と鼻を出しているカバが中心にいる。スコットランドのデザイナーMark Stoddart氏の作品。

Mark1

彼のサイトを見ると、カバだけじゃなく、他の動物や人や物を脚替わりにしたガラスのテーブルや、ブロンズの作品をたくさん作っている。しかし、テーブルにしても、ブロンズ作品にしても、メインはカバですね。

カバは格別かわいくできてるし、作品数が多い。しかも彼のサイトから唯一リンクを張っているのが、カバサイト"World of the hippo"

カバテーブルの多くは売り切れているが、まだありそうですので、ガラステーブル、あるいはダイニングテーブル購入の予定がある方は、ぜひ彼のサイトをご覧ください。

Mark Stoddart氏のサイト
http://www.markstoddart.com/index.html

彼の作品販売を中心に行っていると思われるサイト、Sculp Art Creationsでも注文できそうです。こちらのサイトでは、右上のプルダウンメニューの"Hippopotamus"からたくさんのカバ作品をみることができる。カバの名前のリストが掲載されているページもあります。ちなみに日本語の「Kaba」もリストに並んでました。24番目です。

Sculp Art Creations
http://www.sculptart.co.uk/nindex.html

世界にまた一人、カバ好きのアーティストがいることを知って、喜んでいる。それにしても、我が家のテーブルも彼のカバテーブルにしたいものです。

|

« 「上野動物園いまむかし カバ舎の80年」正田陽一(東京動物園ボランティアーズ会長) | トップページ | 池之端のギャラリーの地下室にカバが寝る »

ここにもカバ」カテゴリの記事

コメント

My Hippo's a Hostage.

if you send me a email address I will forward you a photo of the front page story

office@markstoddart.com

Thanks Mark

投稿: Mark Stoddart | 2014/12/10 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「上野動物園いまむかし カバ舎の80年」正田陽一(東京動物園ボランティアーズ会長) | トップページ | 池之端のギャラリーの地下室にカバが寝る »