名残惜しむ人たち、走るカバ車を見るために来てくれた人もいました。